将来の間仕切りはこれでいいかも

小学生以下のお子さんがおられるお客様のプランで割と多いのが、
フリースペースからの子ども室となる間取り(空間)。

私もプランに取り入れることはあります。

6年生や中学に上がるタイミングで、お子さんが二人以上居れば
受験などに備えこれまでの一室を区別して、個室を与えたいですよね。

そこで比較的容易なやり方があるので参考にしてください。
0820 (15)
例えばこのようにがらーんとした一室空間があります。

0907 (3)
間仕切りがつくられた状況です。右奥の壁をご覧ください。
間仕切り壁はありますが、天井部分は空いています。(照明が見えますね)

0907 (11)
裏側に廻ると良く分かると思います。天井エアコンとの間が空いているのが。

こうすることで、区別はするけれど上部が空いているので
空調が一台で済む。
窓の無い空間が仮に出来たとしても、そこそこ明かりが得られる。
簡易に出来るので、個室が不要になれば解体が難しくない。
など。

これから個室を考えている方のヒントになればいいな。


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する