DIYに向いている塗料はどれ?

DSCN0389.jpg
左缶はリボスカルテッド 102/エボニー
右缶はBRIWAXブライワックス 11/ラスティックパイン

DSCN0387.jpg
杉積層のJパネルにお試しで塗ってみる
手前は無塗装品で生地のまま
上がブライワックス、下がリボスカルテッド2回塗り


DIYで造作したものをちょっと工夫するだけで、オリジナルなものが出来る。
そのアイテムとして外せないのが塗装です
でもペンキや浸透塗料、ワックスなど塗装といっても用途によって
材料の種類が変わってきます。

今回は木で造作した家具や小物に塗るものをご紹介。

インテリアの雰囲気に合わせてカラーを出したい!
アンティークなテイストを表現したい!
いろいろやりたい想いはありますよねー。


ひとつはリボスカルテッドです。
好きな色を選んで、刷毛やウェス(ボロきれ)で塗ります。
2回塗りを基本にしていますので、1回目は薄~く塗り乾燥仕切らない塗料は
布でふき取りします。
塗料を付け過ぎると、乾燥しにくくいつまで経ってもベタつきます。
薄~く塗り拭き取る!この作業を2回やればOKです。
嫌な塗料臭も少なのはいい(個人差あります)

ふたつめはBRIWAXブライワックスです。
こちらはウェスやスチールウールでしごくように塗り込みます。
すーっと木にワックスが馴染み、結構伸びていきます。
カラバリは豊富ではない
塗った瞬間はかなり臭い!注意です。ただ乾燥すると気になりません。


気になる仕上がりは
キレイな木肌と塗装のノリはリボス!
経年美、アンティークならBRIWAXブライワックス!

好みがハッキリと別れそうな2つのアイテムです。
僕的にはBRIWAXブライワックスの方が好きですね(塗る品物によるけど笑)


150606 (1)
こちらはリボスカルテッド202/ホワイトをハケで2回塗りをしているところ
白くしたいならリボスですよ!

Do It Yourself!!



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する