基礎コンクリートの下には防湿シート

0508 (3)
天神町の家では基礎配筋中。
気候がいい時期の現場は気持ちがいいし、
仕事がキレイだともっと気持ちがいい。

0508 (7)
転圧された砕石には防湿シートを敷いてある。
その後から鉄筋を配り組み上げていく。


地面から基礎(床下)は高い方がいい、とは一昔にはよく言ってました。
理由は地面(土)からの湿気を床に届かせないタメだ。

現在スタンダードになっている基礎工法では、
床下に土間コンクリートを打設してあり、以前よりは湿気が床に到達しにくくはなった。

さらに湿気対策効果を上げているのは、写真にある防湿シートです。
施工中の家では敷いたばかりですが、水蒸気を含んだ空気が
シートに当たり、水滴化しています。シートの下側は空気がもわもわしてます。

フラグシップでは基礎断熱(床下空間も室内と捉えてます)を採用しているので、
外部の影響を受けないように、シートに頼った湿気対策をしてあります。
また配筋後はコンクリートを全面に打設するので、
将来シートが劣化することはありません。

以前は配筋時のシート破損を考え、基礎下の全部に
捨てコンクリートを打っていましたが、今は梁下だけの捨コンとしました。
オーナーへのコスト削減と、施工時の配慮で破損を防げ、万が一破れれば
テープ補強で良いと判断したからです。

表立たず、隠れるところほど慎重に設計して工事をする。
これが出来るようで、なかなか難しい~。



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する