工務店と大工さんで造る家具 施工中編

0313 (3)
カウンターにAV機器配線を通す孔を丸ノコで空ける

0313 (11)
壁の幅いっぱい。床から天井までいっぱいの家具


ちょうど今工事中の家では大工さんが造作家具を現場で製作中。
材料は集成材といって、無垢(赤松やタモなど)をブロック状に張り合わせた品物を使います。

以前の記事はこちら 現場造作の利点を書いてます。

箱を大工さんが造作し、扉があれば建具屋さんが製作します。
他にも自然塗料やワックスを塗り、コンセントや照明を仕込んだりも出来る。

高級木を使って重厚感を出すの良し。
安価な集成材でデザインを懲り機能性を上げるのも良い。
他の家にはないオーナーオリジナルを一緒に考えましょう。

こちらの家具の出来上がりも今から楽しみだ。



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
記事を読んだらクリックしてください




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する