現場で出た端材をリユースしてみる

150214 (3)
あれこれやってみたい願望だけで造作する僕


家づくりではたくさんの材料を使います。
効率やムダを省くことから、たくさんの材料の中でも選りすぐって使い分け
なるべく在庫を残さない工夫をいつも考えています。

在庫とは別に、端材(はざい)というものがあります。

例えば窓枠で、
2メートルの枠が必要だとすれば、切り代を含めて2.1メートルを準備します。
大工さんがピッタリにカットすると、約10センチの枠が残ります。
これが端材。

フラグシップの家づくりの基本は、木を使うことなので、大体の
フローリングや窓枠、建具枠などは無垢の良材になります。
内装材の木は乾燥されてますから、薪ストーブの焚きつけ材には持って来い。
(欲しい方は言ってください。あれば分けますんで)

その他に木の雑貨や小物を製作して余ることなく活用しています。
今回はローテーブルを作ってみよーかと思っています。
時間があるときしか出来ないけれど、76hazaiブランドとして販売してみようかな。


注文したい方は、お問い合わせください。相談承ります。



にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
記事を読んだらクリックしてください

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する