地元のお祭り 獅子舞@2014秋

IMG_6091.jpg
紋付羽織袴は父から拝借

IMG_6094.jpg
夜遅くまでみんなで頑張りました


地元では、毎年10月の最終土曜日に秋祭りの獅子舞をしています。
伝統ある獅子舞を成立させるために、色々な役割があります。
今年の僕の役目は会長で、この獅子舞を無事に執り行うための調整役となりました。

工程、予算、配役、告知など現場管理にも似る役割かも知れない。
稽古は二週間。
その期間中にキチンとした舞が出来るように、メンバーへ叱咤激励して士気を高める。
と、カッコいいこと言っても、途中一週間くらいはのらりくらりと稽古をしていました。

しかしここで喝です。
会長の一番の役目である、メンバーへの叱咤激励が乏しいと、
先輩に厳重注意を受けました。
猛省…。

ここから気を取り直して、目一杯稽古に励み場の盛り上げと獅子取への指導を
徹底する。残り一週間でどうにかカタチにはなったかなと思います。

お祭りは楽しいのがイチバンいいと思います。
みんながハッピーになることがいいことだ。


でもよく考えないといけないこともあります。
獅子舞を
「なんのためにやっているのか」
「伝統を後世代に引き継ぐには、なにが必要なのか」
想いを共有して、去年より今年の祭りが良かった。
今年よりも来年の方がもっと良くなる。
只のバカ騒ぎや、義務感や、楽しさだけでは良い伝統とは言いにくいだろう。

稽古と、当日の遅い時間までの獅子舞。
みなさん本当にお疲れ様でした。
また、協力してくれたメンバーと在所の方々には感謝しています。

ともかく今は安堵感でいっぱいです。


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
記事を読んだらクリックしてください


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する