車の修理工場は理想の工務店モデルのような

IMG_6041.jpg
お客様の車をリフトアップして点検を行う店主


僕がいつもお世話になっている自動車屋さん。
自家用車と会社の軽トラを購入したのも、自動車屋さんから。

ここは車の修理と点検、鈑金と塗装、車検と車にまつわる
あらゆる技術と装置が揃った修理工場です。

先日ですが、洗車をしに工場にいたところ
「ハンドルを目一杯切った時に、異音がする」とお客様が心配そうに
しながらご来店なさいました。

店主はどんな状況で異音がするのかをお客様からヒアリンングをした後に、
車をリフトアップさせて点検をします。
原因は車検時に行った錆止め塗装が、ハンドルを切る際に伸縮する
ジャバラと当たり鳴っていることが原因でした。
また、それ以外にもオイル量を見たりエンジンルームを見るなど
想定される要素を一つひとつ潰して点検していました。

お客様は店主から聞く状況説明やその都度アドバイスされる会話から、
安心され且つ信頼されている様子が物凄く伝わって来ました。


プロとして技術や知識を持ち合わせることは、サービスとしては至極当たり前。
(と言ってもなかなか難しいですけど、、、笑)
その技術や知識におごる事がなく、プロフェッショナル人として
どれだけお客さん立場で、お客さんにとって利益になるかを考える。
それが出来れば安心や信頼を得られることなのだろうと。

何気ない出来事でしたけど、だいぶん学ばされた瞬間でした。


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
記事を読んだらクリックしてください





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する