木柵のおさまり

オープンハウスのお知らせ
6/14(土)10:00~19:00
6/15(日)10:00~16:00



0602 (4)
大工さんが外構の柵を設置します

0605 (4)
柵が完成

0605 (3)
笠木に板金を被せています


建物とのバランスや相性も考慮すると、外構の囲いで木柵(ウッドフェンスとも言いますが)を作ることが多いです。
木柵は街の景観に配慮が出来るし、馴染み深くなると思うからです。ある程度手入れが出来る方であれば生垣も良いな。

木は雨風や太陽光線での劣化や腐りはつきものです。そうは言っても素材自身なるべく永く耐えるものが良い。そのために耐久性のある材種を選ぶことと、雨による水切れを良くすることが大切です。

まず材種ですが、なるべく国産材がよいです。
イペやバツは超が付くほど耐久性はありますが、高価すぎます。予算もそうですが、10年後に日本にある材料かどうか、、、。なので加工も容易で住まい手DIYも容易な杉の赤味か能登ヒバかヒノキが良い。ただスギヒノキは材料が柔らかいので、反り変形はある程度大らかに捉えとくことです。
そして一番上にある笠木に板金で屋根を作ります。これがあると無いのと比べて5~10年のスパンで木材の耐久性に違いが出て来ます。5~10年って幅取りすぎですが、これも木の特徴です。
高価な材料でなくとも、ディティールと仕様次第で耐久性は大きく差が出ます。なのでなるべく木を使って街の環境に配慮した設計を心掛けるようにしています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する