外壁仕上げシーリング

0413 (10)

0413 (7)


外壁工事は佳境を迎えています。
写真はシーリング工事です。これは外壁と窓廻りの隙間などを埋めるものです。外壁を張る際は施工性からわざと隙間を空けます。逃げとも言います。シーリングは仕上がりと防水を兼ねているので、高い技術が必要になります。仕事をお願いしているシーリング屋さんは20年以上の経験でベテランです。

青いテープはシーリングがはみ出て、外壁などを汚さないようにする為の養生になります。このテープの張り方が仕上がりに大きく左右してきます。真っ直ぐ貼るところ、曲がってカーブするところに慎重に貼って行きます。

シーリングは施工したての時は柔らかく弾力がありますが、暫くすると硬化します。そうなれば防水性も確実になります。
シーリングメンテナンスのサイクルは10年くらいです。劣化が進むとシーリングが収縮し亀裂となります。その亀裂から雨水が壁内に侵入し、建物の性能を下げることにもつながります。西日が強いところや、常に雨がかかるような箇所は劣化の具合も激しいです。

シーリングに頼らない、設計をすることと
定期点検からの、タイムリーなメンテナンスをすることが大事ですね!

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する