木材市場へ

24.jpg

DSC_0027.jpg
杉柾板は若干目は粗いですが、源平がキレイに出ています。
石55,000円でお買い上げです。


日頃お世話になっている木材屋さんにお願いして、木材市場のセリに参加して来ました。
参加と言っても買付は出来ないので、雰囲気を感じることと丸太の単価を把握することが目的でした。

ここの市場は年に数回とこのせり市が行われ、その時のために良質な丸太が並んでいるそうです。普段は製材品の卸しがメインにされています。製材品はじめ、丸太のほかに羽目板や銘木板があります。彫刻欄間まで出品されていたのには驚きました。競り値にも驚きましたが笑。

各木材業者さんが集まり、1号から順番に値を付けて行きます。石(こく)あたり幾らで競られ高値を付けた方が落札という具合です。一瞬にして値を決めるので目利きある人じゃないと競り自体に参加出来ません。。。ってあたり前か。皆さんテンポよくて僕は全くついては行けなかったです。
丸太はサイズや長さ、目の張り具合などで金額が決まります。良いものばかりではありませんが、どこにどう使うのかを想定し購入に至ります。競りは永く経験を積み学ばないと厳しい世界だなと感じました。

倉庫の中には羽目板やフローリングがあり、実は欲しいものがありました。しかし今はグッと我慢ですが、Wオーク無塗装のフローリングは後ろ髪引かれたなー。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する