断熱材にすっぽりと覆われる

IMG_5676.jpg
外部廻りの構造金物がある孔に断熱(ウレタン)を吹き込みます。

IMG_5639.jpg
建て方直後はこのように金物が木材に彫り込まれてます

IMG_5674.jpg
吹き込んだ断熱は梁の外面でカットして切り落とします

IMG_5679.jpg
その後透湿防水シートを建物廻りにぐるぐる巻きにします



柱と柱の間に断熱材を充てんする工法は、木材を貫通する金物部分が熱橋となります。熱橋が起こると断熱性能が低下して壁内結露になる可能性があります。細かい箇所の結露対策ではありますが、断熱気密が高い家であれば適切な対策になります。うちの在来工法は金物で固めていますので、外部側と貫通している部分の数はいくつもあります。その部分に断熱材を充てんし、結露が発生しないようにします。その他外張り、付加断熱の工法であれば熱橋になる部分はかなり限定されますので、充てん断熱とは対策は違ってきます。

僅かな隙間や欠損があると、計算で出した性能が現場で発揮されません。品質にバラつきが出ます。間違いや勘違いから直すこともあるでしょう。家は人の手で作りますからね。そこで大工さん職人さん達にきちんと説明して確実に施工されているかを見ることが大切なのです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する