ありがたい言葉を貰いました

家、住まいの設計と施工と管理をすることで、施主であるお客様に満足していただくことはとても重要であり、それが使命だと思っています。またその大枠である地域や社会に認められ、良い評判を得ることを目標としています。そして伴に家づくりに携わる仲間とは切磋琢磨しお互いに向上したいと考えています。
その仲間である協力業者のひとりに、先日引き渡した家や工事中の家の感じが好きだと言って貰えとても嬉しかったです。少し前になりますが、現調に来た別の業者からもその家を気に入ってくれ、完成したら是非見せて欲しいと。

僕は現場でたたき上げられて来た人間です。そこで学んだのが現場の雰囲気がとても大事だと言うことです。良い仕上がりになるには良い雰囲気が必要です。馴れ合いではなく一定の規律と仕事の関係を保ち、同じ目的を持つということ。
良い設計は作る過程からわくわくします。職人さんもそれを分かっていて作る喜びと楽しさをあらわにされます。心が入る感じでしょうか。どこの現場でもこのことを維持継続することはとても難しいことです。しかしそれをやり抜いている工務店はお客様や工事関係者の満足は大きいのだと思っています。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する