どんな家が建てられるかを即日で設計する道場 埼玉/飯能編

設計は覚えることでも学ぶことでもない身に付けることが師範の教え。そして設計は感性、センスでもなく身につけて更に磨いていくこと。それが繰り返し鍛錬していくことで技術として自身の身につくことが道場の目的です。

今回は埼玉県飯能市でご活躍されている工務店、ゆたか建設が主催しました。この工務店は地元の木西川材を主体とした自然素材を使用し、豊かな生活を提案することでお客様から支持を受けています。

飯能市自治体は都市からの移住者を歓迎する取り組みに積極的に取り組んでおり、ゆたか建設さんはその先駆者の一つです。移住者が多く、家だけでなく田舎暮らしも設計スタイルで表現されています。

特に驚いたのは、2.5メートル四方の離れ小屋が実用的に機能していたことです。それが趣味室や寝室、リモートワークスペースとして活用されているのを見て、感銘を受けました。田舎の特性を生かした離れ小屋は飯能にぴったりでした。

今回の即日設計では、ゆたか建設さん分譲地の2区画を同時に計画しました。約50坪の変形敷地では、配置や車の転回スペースの確保が難しく、配置計画に1時間を費やしました。

両区画とも、南北に風と光が通るようなワンルームの基本設計を採用しました。ただし、車の回転スペースには課題があることを自己評価で減点でした。

30名以上の道場生が集まり、それぞれがプランを立案し、プレゼンする方法は常に学びの場となります。みなさんの視点を聞くことができるこの時間はとても貴重です。

安食社長をはじめとするスタッフの皆様には大変お世話になりました。次回道場は4月に長野県飯田市で開催されます。

▼薪ストーブはほぼ導入されている
IMG_6819.jpg

▼左が離れ小屋 母屋とはデッキでつながります
IMG_6817.jpg

▼私のプラン
設計道場202403埼玉2

▼あゆみさんのプラン
設計道場202403埼玉1

【フラグシップ ホームページ】
flagship-style.jp
【フラグシップ メールマガジン】書き手橘あゆみ
my929p.com/p/r/dzkdQ1mL
【フラグシップ インスタグラム】
instagram.com/flagship_style/?hl=ja
【フラグシップ 不動産】
flagship-style.jp/concept/renovation/real-estate
【橘泰一 インスタグラム】
instagram.com/taiichi_tachibana/?hl=ja
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する