どんな家が建てられるかを即日で設計する道場 愛知/名古屋編

設計を身に付けるために繰り返し何度も鍛錬するための道場の、令和6年初開催は愛知名古屋コスモホームで行われました。コスモホームは道場を企画運営されている事務局でもあって、毎年1月は決まって名古屋場所となっています。

今回の課題敷地は4区画分譲地にある2区画を同時に計画する内容でした。既に竣工されている一棟の離れ距離が近いことと、敷地形状がシャケ切身状にあるD区画はとても難易度が高かったです。

いつも通り3時間を使ってA3用紙にフリーハンドで描きます。計画がまとまっていなくてもとにかく仕上げることが求められているため、見切り発車で描き始めてしまった課題は秋山先生から叱責をたくさん頂く結果になりました。

二棟の計画を同時に進められるにも関わらず一棟それぞれ単体で計画されていること、小さく矩形な敷地だからこそ別々な計画は有り得ないと指摘をされました。エスキスの際そのことに対して思考が全く浮かばなかったのはとても悔しかったです。

家は個人のものである以上に社会に存在しています。ひとつひとつ単体で設計するのは当たり前のようにありますが、その前提として地域に建たせてもらっている。それが街並みであることなのだろうと改めて気づかされました。まだまだ鍛錬が必要ですね。

講評後には昇段授与をいただきました。今年もたくさん描き身体に染み込ませられるよう万全を期して参加して行きたいです。

▼秋山東一師範より直々にいただきました
IMG_6536.jpg

▼北上方位で検討した結果、最善の案への思考が止まったようでした
秋山設計道場202401名古屋-2 - コピー

▼南上方位として見るだけで、ダメなプランと一目瞭然、、、
秋山設計道場202401名古屋-2

2月4日構造現場見学会やります
tomisaki-S.jpg
https://flagship-style.jp/info/1281/

【フラグシップ ホームページ】
flagship-style.jp
【フラグシップ メールマガジン】書き手橘あゆみ
my929p.com/p/r/dzkdQ1mL
【フラグシップ インスタグラム】
instagram.com/flagship_style/?hl=ja
【フラグシップ 不動産】
flagship-style.jp/concept/renovation/real-estate
【橘泰一 インスタグラム】
instagram.com/taiichi_tachibana/?hl=ja
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する