たくさんプランを読み込んで頂けるととても嬉しい

ご提出させて頂いたプランを一旦持ち帰られ、先日行いましたお打ち合わせでそのプランを再度広げてご要望などお聞きいたしました。縮尺は100分の1だったためスケール感が分かりにくかったにも関わらずたくさん書き込みされたプランを拝見いたしました。

プランを見ながら、お手持ちの物が収納へ納まるか、動線上にスムーズに仕舞えるか、部屋の使い方を想定すると違った窓が良いかも、プラン通りの場所があれば足りるなど、とても熱心にプランからイメージを膨らませられていました。

プランに暮らしを照らし合わせて問題のあるところを探る見方ではなく、私たちがご提案した内容に納まるかどうかをご検討されておられていたのは嬉しかったです。その中で扉の向き、窓の大きななど理由が明確な変更はより良いプランになりそうとワクワクいたします。

プランを見て立体的にイメージを膨らませていただくのはどなたでも出来るものではありません。また私たちはお客様へご提案するまでずっとプランを練っていますから、プランの特徴や理由は理解していて当然になります。

またお客様はプレゼンで初めてプランをご覧になるため、その場で立体的にイメージするなど今判断をすることが難しいことはたくさんあります。時間をかけてどうしてこのプランになったかをコンセプトを交えてゆっくりとご説明するようにしています。
SORX1202_1.jpg

【フラグシップ ホームページ】
flagship-style.jp
【フラグシップ メールマガジン】書き手橘あゆみ
my929p.com/p/r/dzkdQ1mL
【フラグシップ インスタグラム】
instagram.com/flagship_style/?hl=ja
【フラグシップ 不動産】
flagship-style.jp/concept/renovation/real-estate
【橘泰一 インスタグラム】
instagram.com/taiichi_tachibana/?hl=ja
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する