どんな家が建てられるかを即日で設計する道場 大分/別府編

設計を身に付けるため修練を繰り返す秋山設計道場の8月は、「大分の風景をつくる」をコンセプトに掲げておられるシーナリーハウスで開催されました。

初めての大分は雨。霧に覆われやすい地域のようで移動中の山間は濃霧に包まれていました。毎日35℃を超える富山より涼しかったことでとても過ごしやすい旅になりました。

課題敷地、建築中、お客様の家、モデルハウスの順で見学をさせていただき、建物、外構とディティールがとても上手くまとまり、大分の風景をつくるコンセプトがハマっていて丁寧な仕事は流石だなと感じました。

別府は敷地にパイプラインで温泉が引いてある場合、権利を購入すれば家で温泉に入れる地域。80℃近い温泉を冷水でうめて浴槽に溜めるとお聞きしました。その地域性を活かした十和田石で造作する浴室設計がシーナリーハウスの家に評判を呼んでいると。

課題敷地は周囲にいちご畑と山々を一望できる素敵な場所に、ご夫婦の住まいを計画するものでした。お子さんを将来に想定した2階建てと庭に外小屋のあるプランで検討しました。

秋山先生から毎回のように指摘をされていることを整理しつつ、配置計画から始めるのですがいったん鉛筆が動きだすと整理したことがふわふわと消えてしまいます。

今回も階段の位置、入り口の位置とたくさんお叱りを受けました。毎回の反省が次に繋がらずに身についていないため設計の順、型の整理ができていない。勉強になります。

2日間アテンダント頂いたシーナリーハウス西村社長、スタッフ。フルマークスハウス吉田さんの段取りと大変お世話になりました。

IMG_5860.jpg
IMG_5869.jpg
IMG_5841.jpg
秋山設計道場202308大分

【フラグシップ ホームページ】
flagship-style.jp
【フラグシップ メールマガジン】書き手橘あゆみ
my929p.com/p/r/dzkdQ1mL
【フラグシップ インスタグラム】
instagram.com/flagship_style/?hl=ja
【フラグシップ 不動産】
flagship-style.jp/concept/renovation/real-estate
【橘泰一 インスタグラム】
instagram.com/taiichi_tachibana/?hl=ja
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する