どんな家が建てられるかを即日で設計する道場 静岡/島田編

学ぶことでも知ることでもない設計を身に付ける鍛錬を繰り返す秋山設計道場は、静岡県島田市のアクトホームで開催されました。富山よりは暑いだろうと覚悟はしていたものの、島田駅に着いてホームへ降りると余りの暑さにひるみました。

島田市の名所世界一長い木造歩道橋「蓬莱橋」、大井川の川越にんそくの遺跡建物は興味深く良い時間が流れていました。観光を織り交ぜながら、新築、古民家リノベーションとアクトホームの仕事を拝見させていただきました。

課題敷地は社屋の一角にある倉庫跡地にモデルハウスを設計するものでした。南北に細長い土地、南側高層マンション、隣接する社屋敷地と与条件を踏まえて、心地よくシンプルな暮らしに庭とつながる住まいになるようにいつもの3時間で描き上げました。

プランに取り掛かる順番として車→木→建の配置計画から始めるのですが、今回は車の配置を南側に取るか北側に取るかで悩みに悩みました。敷地60坪に二台駐車はお客様の要望では必須条件もやはり配置計画では難しい。

小さな建物6メートル角をベースに玄関土間を下屋として、外収納の小屋とウッドデッキをつなげて日当たりの良い庭を取りました。西側に僅かな視線の抜ける景色はダイニングから眺められえるようにしています。

ひと月に一度の即日設計は手に汗握る修練の時間です。毎回真剣勝負の気持ちと設計に対する捉え方は繰り返し手を動かすことで少しずつ身に付いている実感があります。

二日間アテンダント頂いた齊藤さんはじめスタッフの方大変お世話になりました。

▼最終的に車を南側に置きました
秋山設計道場20230725

▼齊藤社長のご自宅 入口格子が雰囲気あります


▼川越にんそくの小屋


【フラグシップ ホームページ】
flagship-style.jp
【フラグシップ メールマガジン】書き手橘あゆみ
my929p.com/p/r/dzkdQ1mL
【フラグシップ インスタグラム】
instagram.com/flagship_style/?hl=ja
【フラグシップ 不動産】
flagship-style.jp/concept/renovation/real-estate
【橘泰一 インスタグラム】
instagram.com/taiichi_tachibana/?hl=ja
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する