土地、中古住宅購入前に依頼先の設計者と相談されることをおススメいたします

土地、中古住宅をお探しの段階から相談していましたお客様より、先日リノベーションの設計申し込みいただきました。これから売主と交わす契約、所有権移転手続きを終えてから、現地調査、測量などの設計業務を進めてまいります。

中古住宅購入を検討されてから2年弱のタイミングでお会いいたしました。物件を見学してきた件数は積みあがっていたものの、どこか気持ちが乗ってくる場所、物件にめぐり合わない。

ご相談頂いてお話を伺うと、暮らしたいイメージはほぼまとまられていました。また予算を立てることで物件価格の基準が決まってきたため、漠然と見ることがなくなり絞られてきた感覚は結果的に決めきったことへ繋がったのではないでしょうか。

今回は中古住宅をリノベーションする前提で購入前からご相談いただきました。不動産仲介はできませんでしたが購入前の現地確認に同行し見たことで、お客様が安心して購入に至っていたなら嬉しいです。

繰り返しになってしまいますが土地購入、中古住宅購入は建築を依頼される設計者、工務店を決めてから一緒に現地を見ることをおススメいたします。

それは土地、建物のポテンシャルを見いだせるのが設計者だからです。購入者様は買うことは手段で「暮らすこと」が皆さんの目的なのですから。校区やスーパーへの距離は暮らすための要素ですがその点を見て決めてしまうと、満足のいく家づくりになりにくいものです。

土地、中古住宅購入前には依頼先の設計者と相談されることをぜひおススメいたします。
20230218 (35)

【フラグシップ ホームページ】
flagship-style.jp
【フラグシップ メールマガジン】書き手橘あゆみ
my929p.com/p/r/dzkdQ1mL
【フラグシップ インスタグラム】
instagram.com/flagship_style/?hl=ja
【フラグシップ 不動産】
flagship-style.jp/concept/renovation/real-estate
【橘泰一 インスタグラム】
instagram.com/taiichi_tachibana/?hl=ja
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する