宅地建物取引業者の免許取得に伴い不動産仲介はじめました

建設業許可に引き続いての取得となった宅地建物取引業者。フラグシップの業務として今後は不動産仲介を営むことができるようになりました。

これまでは新築、中古住宅リノベーションを検討していても土地建物を持たれないお客様の場合、フラグシップから相応し土地や中古住宅の紹介ができませんでした。ですのでお客様自身がインターネットやその他で見つけた土地建物を、購入前に同行して現地確認することのみ行っていました。

その際起きるミスマッチが住まいに掛けられる総予算があるものの、土地購入に充てる費用が大きくなり過ぎる。そのため建築本体の予算を抑える必要が出てくることです。候補地が予算オーバーとわかっていても建築費用で抑えられるとバグが起きてしまうのです。

物件購入前からお客様とより深い相談ができると起こるミスマッチの可能性を低くできないか。それを解決する方法が僕たち建築士が行う不動産仲介の役割だと。

中古住宅を購入するにあたり不動産業を兼ね備えた建築士であり工務店であることのメリットは3つあります。

ひとつは「物件をどのようにリノベーションできるか現場を見ながら相談できること」残置物の散乱や劣化を目の当たりにすることの多い古家。一体全体この建物が「いい感じ」の住まいになるのか不安。そこで僕たちの出番です。

ふたつめは「リノベーションにかかる予算を立てられること」お客様のイメージしている暮らし方に合わせたリノベーション工事に大体どれくらいの費用がかかるのか見当がつかない。ある程度概算をお伝えできるのは建築士であり工務店である強みになります。

三つめは「見た目のオシャレさだけでなく耐震と省エネを兼ね備えて性能を外さないこと」健康で快適な暮らしが古家で送れるか心配。長期優良住宅や構造計算、気密測定などのノウハウをリノベに生かせるのは、新築の設計施工技術が基本にあってこそ。

中古住宅購入は目的ではなく「幸せな暮らしを送ること」が物件購入をする目的のはずです。不動産会社は物件、土地の売買をして完了ですが、不動産業を兼ね備えた建築士であり工務店はお客様本来の目的にある「幸せな暮らしを送ること」を実現できる真の伴走者になります。

https://flagship-style.jp/concept/renovation/real-estate/
宅建取引業免許

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する