台風・暴風雨の災害への備えをしましょう

「新築だから大丈夫」過信は禁物。台風・暴風雨には日ごろの備えから結果的に大きく被害の差が出ます。備えておいたのに取り越し苦労だった。それくらいに納まってくれたならラッキーと捉えましょう。

まだまだ台風が迫ってくる季節。知って欲しい災害への備えをいくつかご紹介します。

事前の備え編
1, 窓、玄関ドアの施錠をする 結構当たり前なことと感じられることが一番の盲点なので確実に全窓をチェックして、さらには補助錠をしておきます
2, 窓下枠レールの清掃 砂埃などが溜まっていると雨水が排水されずに室内側に入水します
3, 網戸の外れ止めを確認する 外れ止めが緩んでいないかをチェックしておき、出来るなら網戸本体を外して片付けておくと良い
4, プランターや自転車、すだれなど飛びそうなものは仕舞うか、予め倒しておき何かしらに縛っておく
5, 側溝や雨水排水桝を掃除して水がしっかりと流れるようにする
6, 給気口は閉じ、換気扇は止めておく 突風の侵入を防ぐ効果があります

台風通過中編
1, 外の様子を見に行かない
2, 屋外への出入り、窓の開閉は絶対にしない 圧力差、暴風が一気に流れ込んで他の窓ガラスが飛ぶか最悪は天井、屋根が吹き飛びます
3, 停電によって不具合が起きるパソコン、家電製品の電源コードを抜いておく
4, 火の気を断つ 薪ストーブは焚かない ガスコンロの使用をやめる タバコは吸わない※健康面でもね

夜、深夜に台風が通過すると外の様子がわからないことで不安な気持ちになります。備えておくことで少しでも気持ちに余裕を持つことが出来れば良いですね。

※窓ガラスに養生テープなどを×や米の字に貼るのは、破損・飛散防止効果は全くありません。

▼雨水桝のフタを空けて枯葉などが詰まっていないかをチェック!
20220204 (12)

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する