問い合わせ、質問する側として何を望んでいるかがわかるようにお願いします

「出来るだけ工事費を安くしたくDIYはできますか」
「リフォームするといくらでできますか」

最近立て続けに質問なのか問い合わせなのか、一文で理解が難しい応えを返さなくてはならないことに迫られています。連絡をくれる相手の素性が見えないことはことさら返信を難しくしていてなかなか困ったものです。

「出来るだけ工事費を安くしたくDIYはできますか」については、自宅なのかお店なのか小屋なのか持ち家なのか貸家なのか。安くとの相場は一体いくらのことなのか。50万なのか500万なのか。DIYについてはあなたのスキルを知らない。

結局こちらが「例えば~だと」と事例を紹介する。または「で、どうなのですか」と問い合わせに対して質問をしなくてはなりません。そのやり取りはお互いに納得できるものになっているか疑問です。

最終的に相手側が「伝わらないな、、、」となっていると想像でき、そのまま終了するケースが多くなっています。

もちろんメールやSNSのやり取りは、会わなくてもそれらが可能になる手段だからツール自体はまったく問題ありません。お願いしたいのは、問い合わせの際はできるだけ詳細を示して欲しいのです。

僕たちの仕事はお客様の家族間、生い立ち、懐事情とどんぴしゃプライベートに突っ込んでいく仕事です。「手持ち資金、予算はちょっと言いたくない」では前に進められません。

ただ初めましての瞬間にどこまで話すか。情報を出すかは迷いますよね。少しずつで結構ですし、フラグシップは候補にないなとなれば遠慮なく「これでやり取りを終えます」と添えて頂けると幸いです。
SORX7105.jpg

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する