トイレが詰まる原因は流す水の量、洗浄水量が少ない

最新型のトイレはどれも節水タイプになっています。先日別件でオーナーと話していて「流した後にトイレットペーパーが残っている」と。詳しく聞くとトイレットペーパー使用時に水量小で洗浄していました。

小の洗浄水量が3.6Lに対して大は4.8Lと1.2L差があります。この差はトイレットペーパーをしっかり流す水量で、トイレットペーパーを使用したなら必ず大で洗浄するようにお願いしておきました。

古めのタンクがある従来型の洗浄水量は13Lで、これまでのアパート暮らしなどから比較して見ると少々の便であれば小を使いたく心理は良くわかります。

しかし最新型トイレは節水なものの洗浄能力は本当に優れています。大洗浄でもたった4.8Lなので13Lと比較にならなく、毎月の水道料金が少なく済み経済的効果は高い。洗浄水量小を使うのは、掃除のときやトイレットペーパーを使用しないとき限定です。注意したいのはトイレ用お掃除シートを使ったときは大で流すことです。

洗浄水量が少ないと長らくして排水管の詰まる原因になります。また多めにトイレットペーパーを使用するのであれば洗浄水量大から更に水量を増やすことができます。

使用するダブルロールの種類や、排水管が下水道まで長いなど詰まりが気になる人ははじめから洗浄水量を増やしておくことはおススメします。
SORX6341.jpg

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する