富山市/石金の家仕上げ工事が着々と進めています

富山市/石金の家リフォーム工事は内部大工工事がそろそろ終わりそう。仕上げ工事の職人が徐々に日替わりで現場へ来てくれています。

まずはタイル。タイルを貼るところはキッチンと洗面台、手洗器の3カ所。カウンターと壁立上りにモザイクタイルとボーダータイルの2種類を使用します。タイルの色、柄はお客様と打合せをして決めたものを貼ります。

カウンターにタイルを貼る場合は殆どが造作となります。大工さんが木や集成材で組んだ本体にタイルやさんがタイルを貼って仕上げる。そして陶器シンクや水栓をセットし、抽斗や扉があれば建具やさんの仕事が加わります。

造作家具にある抽斗に扉は建具やさんの製作。キャビネット本体が組み上がったタイミングで採寸をします。採寸をもとに工場でつくった建具を現場へ搬入して取付け作業になります。決まった寸法の既製品のものと随分と過程が違います。

外構は少しずつ進めていて駐車場への舗装ブロックが敷き並べられました。ブロックは等間隔にスリットが空いて間に芝生を張ります。車のタイヤはブロックに載るため芝を痛めない構造になっている舗装ブロックはなかなか面白い部材です。

その他ポーチの左官などが進み一段と仕上がって感が出てきています。

石金の家は完成見学会を12月予定しています。築40年の古家に自然素材を丁寧に使い耐震と断熱、間取りを現代の住み方に合わせてフルリノベしました。そしてお客様のDIYが引渡し後に控えているなど見どころが多い見学会になります。

残り1ヶ月しっかりと完成へ向けて仕上げて行きます。

▼キッチンはこれから抽斗や扉が付きます
20211030 (7)

▼洗面台にモザイクタイルを貼り仕上げる
20211104 (9)

▼ドウダンツツジがいい感じに紅葉してきました
20211025 (14)

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する