どんな家が建てられるかを即日で設計する道場 新潟オンライン編

設計力を鍛錬する秋山設計道場の5月編がオンラインで先日開催されました。昨年から行われているオンラインはいつリアル道場へとなるものやら、、、。

オンラインになってからは師範秋山東一氏が僕たちの作成したプランに赤ペンを入れて返却する仕組みになっています。早速新潟編で作成したプランに赤が入って手元に届きました。

リアルの場合はプランを映写し先生、道場生へ向けてプレゼンをします。その後先生がポインターでプランを指しながらその場で講評と批評をする流れ。褒められることは皆無で、大体は叱られることが多くひどいときは罵倒される勢い。もちろん愛のある言葉でです。

リアルではリアルに緊張感が漂っていていい意味で疲労します。オンラインも緊張感は同様ではあるものの赤ペンが入ったプランはとても有難くて貴重。普段の設計では実際に赤が入ることはないため本当に多くを学ばせてもらっています。

今回の課題は100坪の敷地。北側に佐渡島を望める広い海。南側は土地高さ1メートル上がった位置に隣家がある。東側道路で西側は隣家が近い。

その土地に相応しい家を道場生みんなで計画するのですが、南側隣家が高く近いことと北側に広がる眺望を優先したプランが多く先生は大変憤慨されていました。

今回はプランの当否がどうかよりも「negaを背にして、左右を開く、vistaとsunを一人占め、できれば、hopeを開きたい」と普遍的な敷地の捉え方があるのではないかと。

この言葉を身に付けるためにもっと精進していきたい。ホストだったオーガニックスタジオ新潟のみなさんありがとうございました。

▼「プランは間取りではない」を常に思い浮かべながら描く
秋山設計道場新潟フラグシップ橘-2

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する