住宅建材の納期遅延と大幅値上げが起き始めています

長引くコロナ関連の影響がじわりじわりと住宅・建築業界に迫って来ています。中でも米国の住宅需要が旺盛なことで自国と欧州の木材が米国でほぼ販売され、日本に輸入される数がかなり少ない現象となっています。

木材は欧州集成材や米松になります。これらは梁や柱といった構造材にあたるものが殆どで、通常はプレカット工場が仕入れて加工して出荷する流れで現場が動いています。

プレカット工場が集成材や米松を仕入れることが困難な状況から起こる問題は、住宅の新築や構造材が必要な大規模リフォームの着工ができない。若しくは数少ない木材の価格が上昇することです。

着工ができなければ工期は延びるか、期限を具体的に決定できない。価格上昇は請負代金の変更と、5月連休にかけてこの状況は全国的に広がり混乱が想定されると言われています。

フラグシップに想定される影響は
構造材の基本使用樹種はとやまの杉と国産杉・桧で一見問題ない感じです。ただし輸入木材が手に入らないハウスメーカー等は代替品として国産材を使うかも。そのあおりが次第に来る。

対応として
いつも発注している木材業者に早期に発注して在庫を確保してもらいます。今のところ国産材は品薄ではないようなので、今後マメに連絡しておくようにします。

見積もりの有効期限を3か月までと決めます。状況によっては都度再見積もりをしてご提示させていただきます。

天災事変、ウィルスと影響なしに家づくりを進めるのが困難な時代に突入しています。余裕を持った工期と無理のない予算。そして焦らず大らかな気持ちで普段居ることでありたいです。
20200817 (4)

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する