浴室に網戸をつけるかつけないか、種類をどのようにすると良いか

先日の定期点検から考えていることで、浴室窓の網戸を付けるか付けないかを検討しています。

現在は気密性と開口量を優先してすべり出し窓を設計することが多いです。そしてロール型の網戸を浴室側に取付けてあります。今考えていることとは網戸につくカビと清掃性のこと。

ロール網戸とは網を巻き取る仕組みになっていて、巻き取り機構と収納されている網戸は露出されないよう綺麗にカバーで化粧してあります。

逆にカバーで隠ぺいされていると、巻き取り内部での網と機構自体はカバーを開いて点検してみないと状態が良くわからない。

浴室を清掃する際に度々カバーを開けて清掃してもらえれば今検討したい問題は解決。しかし網戸自体使用頻度が低く頻繁に使わないため、じゃあ掃除しようかとはなかなか難しいでしょう。気が付いたときはカビが結構付着して除去しようにも手間がかかる。

そういったことからこのロール網戸が良くないのか。オペレーターハンドルにして固定網戸で良いか?そもそも網戸が不要かもしれない。と今のところ判断が付けにくい。

勿論お客様の暮らし方使い方が前提ですが、まずは設計士として意味のある提案をすることがはじめにあって、次にお客様の使い方に繋げるのが僕たちのスタイル。僕たちで腑に落ちたものを提案したいため現在は少し迷っています。

この先オーナーに浴室網戸の話しを伺いながら、方向性を決めて行ければと考えています。
20210306 (33)

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する