薪ストーブの薪は一冬でどのくらい消費するかのまとめ

2月3日立春が過ぎてもまだまだ寒い日が続いています。ヴィンテージモデルには薪ストーブが設置してあって、エアコン暖房とはひと味違う暖かさがあり毎日ぬくぬく。薪ストーブに憧れるお客様には是非この暖かさを体感してもらいたい。

憧れがあっても毎年どれくらい薪を消費するか。薪の代金にどれくらい予算を見ておけば良いかは、設置前に検討をつけておきたいところ。結構気になりますよね。

薪確保方法は①薪を買う②丸太を買う③伐採樹木、建築廃材を貰う。この3つが主な確保のやり方です。金額は①>②>③の順で、製品となった薪を購入するのは一番費用が掛かります。

そして薪の消費はどれくらいするのか
ヴィンテージモデルを例に挙げると。ストーブはドブレ525CBJ定格出力8.0kW。暖めている空間は1階のみの約23坪。

焚いている時間、11時間/日
一週間の内6日焚いて、66時間/週
66h×4週=264h/月
使用期間、11中旬~3中旬まで4ヶ月間として
264h×4=1056h
一時間あたり1.42キロ→1日あたり15.6キロ→一週間あたり93.7キロ(約95キロ)
4か月で使用する薪は、1500キロ※クヌギ、ナラ材での重さ

費用は①として、115,500円※税込み。77円/キロ。ひと月28,875円。これを②、③にすればまだ安く済みます。ただお金以上に薪を割る、積むなどの行為を楽しんでやれるかが薪ストーブの醍醐味でしょう。

薪ストーブはエアコン暖房と違い面倒くさく手間がかかる暖房器です。手間を惜しまずシーズンに向けて準備することは便利な暮らしと性質が違い、人として意味ある暮らしをより実現したい人向けの器具と僕たちは考えています。

薪ストーブを導入されたい人は、薪の消費と予算の参考にしてみてください。


▼w1800×h1300、2台満載で500キロ


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する