望んでいた暮らしをリアルに叶えて家族とともに楽しんでいる

砺波/太郎丸の家へ先日定期点検でお伺いしてきました。引き渡しから2年とは早いものであっという間です。年末の折で恐縮でしたが、薪ストーブの暖かさでツイ長居してしまいました。

太郎丸の家は屋根と柱梁はそのままに全てを解体した大規模リノベーション。座敷と奥の控え間は既存として、1階の床面積半分以上と2階は全て刷新した工事を行っています。

とにかくアウトドア志向な家族。特にキャンプは上級者で行く頻度が高い。その趣味をそのまま暮らしに直結させた薪ストーブライフがリノベーションのテーマでした。

もちろん快適な暮らしを実現するための基本的な構造・断熱性能、動線、適所収納など設計しつつ如何に薪ストーブライフを暮らしの真ん中に置くかをたくさん話し合いました。

そしてモノに溢れた暮らしを改善するための断捨離と適切な収納量の設計。点検時に整頓された外回りと室内を拝見すると、設計時から実現したかった暮らし方をそのままリアルに叶えて且つ楽しんでいる姿が伝わってきました。

その姿と暮らし方から気づかされるのが「こんな間取りにしたい」「子ども室2つ欲しい」ではなく「どう暮らしたいか」をしっかりと持つということ。それをお客様が設計する人にきちんと伝えることだと改めて感じました。

また完成した家に順応する能力。住む力が太郎丸の家のオーナーにはありました。

それは完璧な設計はなくちょっとマズかったなあと思える部分もカバーできることです。建築に暮らしの向上全てを解決できる力はなく、住む・使う人が使い倒せば倒すほど段々と良くなります。それを実践できる家族ほど暮らしを楽しんでいるように映ります。

年の瀬迫るタイミングの点検で恐縮でしたが、幸せに暮らす家族の様子を見れた僕たち自身嬉しくなりました。

フラグシップは本日が仕事納め。
12/31~1/6までお休みを頂き1/7から始業いたします。来年も引き続きよろしくお願いいたします。
皆さまよいお年をお迎えください。

▼薪棚に満載に納まった薪
20201227 (4)

▼聞かなかったが奥の簡易棚もDIYでしょう
20201227 (23)

▼最後にとっておいた一室の塗装はDIY真っ只中 現場感出ていますねー
20201227 (20)

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
Instagram : taiichi_tachibana

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する