エアコン工事まで含めて設計施工をする理由

新規でエアコンを取り付ける場合、お客様が家電量販店に注文して引渡し後に取付けするか、建築工事に入れた設計施工を工務店・ハウスメーカーに依頼する2パターンに大体分かれます。

恐らく多いのは引渡し後に家電量販店にて取り付けてもらうことです。入居日が概ね決まった段階で冷蔵庫や洗濯機などと合わせてエアコンを新規購入して引っ越しと同時くらいに取り付けます。

フラグシップでは8割がたのお客様は建築工事に入れます。建築工事に入れる理由は、1、完成時にエアコンを作動させて暖冷房の効きを確認している。2、家の性能を知っているから適応機種が選択できる。大きく分けて2つの理由から提案するようにしています。

またエアコン設置工事は単純なようで案外そうでもないからです。以前の記事でご紹介した通りに、特に屋外機の設置方法・部材と配管化粧カバーの取り付けはしっかり管理しておきたい。

家電量販店の仕事がダメでなのではなく、設置業者によってはちょっと心配な方が居るのは事実です。急に暑くなる寒くなる時期の発注、繁忙期の仕事は雑になりがち。設置後「これで良いのですか」とお客様自身見る知識があれば全然OKではあります。

エアコンの性能は日進月歩で最新機種はやはり良い。ただ省エネ性能は頭打ち感がありますから入居が1年後であっても大差はありません。エアコンが必要な季節はすぐに訪れます。入居した段階からエアコンがあると、引っ越しの片付けで忙殺される状況でエアコンの選択と余分な手間を検討することが解消できますよ。

▼天井・壁に配管を隠ぺいする場合は特に機器取り付けまでを行っています
20200911 (15)

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する