戸建て住宅でも必要なメンテナンス積立費

家を新築したときに数十年先にかかるメンテナンス費用を見越して、住宅ローン返済計画をする人は結構少ない。お客様はもとより僕たちつくる側が、建てる際に「いつどのように幾ら」かを少なからず提示していないから当然のこと。

工務店側もお客様側も建てることに一生懸命になり、先のことはそのときに考えれば良い。将来負担するメンテナンス費を見積もるよりは、目先の工事と入居後の住宅ローン返済で忙しく後回しになりがち。

メンテナンスが不要な住宅はなく、適切なタイミングで適切なメンテナンスをしてこそ住む人は快適になり、メンテが行き届いた住宅は長期的に価値ある地域の資産になります。「個人の家だから地域になんて関係のないこと」ではいけないです。

ただ工事中、新築入居後間もなくメンテナンス費のことをお客様へお伝えしても、ピンとこないのは致し方ない。まだまだ家は新しいから。ちょっとメンテナンスが気になるタイミングは築後5年くらい。

そのタイミングで「いつどのように幾ら」かを提示して、特に幾ら必要なのかを理解してもらいます。

建てたときに未就学児や小学校低学年の子どもを持つ家庭の場合、第1回目のメンテナンスは15年後。ちょうど高校や大学へ進学するタイミングと重なります。学費とメンテナンス費が同時なのは家計にとってはキツイと想定できます。

マンションは修繕に充てる積立金を毎月管理組合に支払う仕組みがあります。戸建てはお客様個人が管理して積み立てなければなりません。住宅ローン返済に加える形で積み立てる修繕費。見落とせないですよ。
新築、修繕金額

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する