小さな庭に新緑が広がって来ています

昨年引き渡した砺波杉木の家には小さな庭があります。

自分たちで行き届いた管理ができるちょうど良い大きさの土地。オーナーが選ばれた土地は家と物入付き車庫に小さな庭と、必要なだけ過不足なくちょうどいい大きさで選びました。

ちょうどいい庭には一冬を超して最初の春とこれから夏を迎えようとしている木々。葉っぱが付き始めたタイミングで様子を見てくることに。

庭にスナゴケをびっしりと貼り、雑草除けを兼ねた庭はオーナーがマメに草抜きをしている御かげで綺麗に湿って元気でいました。日当たりが良い南側にあるため、土の乾燥が心配される場所。適切な水やりと西日を遮ってくれる車庫がいい感じのようです。

玄関からとキッチンからは落葉中木のトネリコとマルバノキが見える。植えた10月は枝だけで、今は葉が付いて新緑の鑑賞ができます。小さいながらとても元気でした。

外構で植栽をすると経過観察、点検は必ず必要です。上手に根付くものと、根付かない場合は生物なだけにどうしてもあります。

水はけなど土の状態に、水やりの頻度と量。風の影響。日当たりの状態と、良好不良といずれも理由があります。根付いて元気な理由。根付かなく枯れた理由。植栽後1年目は特に注意深く見て廻っています。

小さな庭の木々たちは今のところ元気でした。このまま梅雨と暑い夏をどう乗り越えるか。まだまだ観察と点検は続いています。

▼昨年の秋に植えたとき
20191115 (5)
20191115 (13)

▼現在は苔がこんもりとして、落葉樹は新緑がキレイ



フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する