夏本番前に行うと良いエアコンの試運転

暑く涼しい気温が繰り返されて徐々に初夏へと移り変わる5月。今この季節にやっておきたいのがエアコンの試運転です。

夏本番前には必ず行うと良い試運転。一気に暑くなれば皆さんの使い始めがどうしても重なります。昨年から全く冷房運転をしていないエアコンが、もしかして故障している可能性がある。

使いたいときに故障していると当然修理依頼を掛けます。すぐに駆け付けてくれれば良いですが、点検依頼が集中していると対応が遅れることが出てきます。ただでさえ暑くてイライラした気持ちがさらに修まらなくなる。

そうならないためにも今、エアコンが正常に運転するか点検しておくことをおススメします。ダイキンのホームページに試運転の方法が分かりやすく紹介されています。

①「冷房」モードで設定温度を16~18℃にして10分運転する。②冷風の出と異常ランプ点滅がないか確認。③さらに30分運転させて室内機からの水漏れをチェック。④異臭異音がしないか確認する。

この4つを試して問題がなければOKです。水漏れ、異音、異常ランプ点滅があればメーカーへ点検依頼を掛けます。早めに行動をしておけば、暑くなっても慌てなくて済みますね。

また室外機の排水管から運転中に水が出ているかを見てください。管の出口に雑草や土が被っていると排水出来ませんから注意です。

本格的なシーズンを前に今点検をして備えておきましょう!
http://www.daikincc.com/campaign/switch-on/index.html
_ORX3477.jpg


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は私の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する