ウォークインクローゼットに窓は付けるか付けないか

ウォークインクローゼットは、洋服、寝具、鞄に帽子にシーズンの家電など、広さや棚の数を確保してたくさん仕舞っておくことができる。

このウォークインクローゼットに窓を付ける場合と付けない場合があって、お客様と設計の話を進めていく過程で必ず確認をとるようにしています。有るなしどちらが良いかの前に僕たちの考えは、今のところ「なし」でのご提案が多いです。

窓の役割は「窓の外になにが見えるか?」。外にある景色を見る目的のための装置が窓になります。それであれば収納から外の景色を見る必要はないので窓はなし。

もう一つの役割は光を入れること。日中は窓から光が入れば照明は不要になります。ただ光と同時に紫外線も入ることになるので、保管してある衣類に直接当たらないようにはしたい。それならば窓はなしで暗ければ照明を点けるといい。

そしてカビや結露の問題。非暖房室になりやすいクローゼットに窓があるとガラスや下枠に結露が起きやすい。状態を常に気にして拭き取り掃除ができればいいのですが、クローゼットでの目的は更衣や収納。日常の行動では窓に関心が向きにくい。

結果結露からカビが起きて季節の衣類にカビが付くことがあります。カビ抑制なら湿度センサー付き換気扇を動かす方が対策になります。換気も同時に可能ですからこの考えで窓はなし。

窓があると窓前に棚はつけられなく、タテに収納する場所が限定されます。量の観点から窓はなしとしています。

これらを総合して窓はなしが今のところ多いです。もちろんお客様からの要望が腑に落ち、ウォークスルーなどの設計であれば窓ありもアリです。

▼窓はなく小さな換気扇がついたウォークインクローゼット
SORA7128_1.jpg

ワークショップやります!【とやまの杉で木箱をつくる】
bd098bf09e003a53dd255b63eea26e08.jpg
日時:2020年3月15日(日)13:30~15:30ごろ
場所:R322DIYstudio 砺波市頼成322(フラグシップ事務所のある建物です)
参加費:3,000円/木箱ひとつ
※参加費には、材料・レクチャー・スタジオ利用料を含みます。
※スタジオは暖房がありません。天候に応じて防寒対策をお願いします。
ご予約は、予約サイトまたはメール・お電話にて、ワークショップ前日まで受け付けます。定員に達しましたら締め切ります。

開催にあたり、新型コロナウイルス感染症の予防について次のとおり対策をとります。
・スタジオ内を常時換気します。天候に応じて防寒対策をおねがいします。
・スタジオには消毒液を設置し、こまめにアルコール消毒を実施します。
・スタッフはマスクを着用します。
・咳、発熱などの症状がある方や体調に不安がある方は参加できません。当日でもキャンセル可能です。キャンセル料はかかりません。
・状況に応じて、開催可否、開催内容の変更等がある場合は、速やかにお知らせします。

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は私の携帯へ転送されます)
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する