木製玄関戸で佇まいの質を上げてみませんか

砺波千代の家は玄関戸が木製引き戸。玄関戸はアルミ製が主流で、木製を採用している家は殆ど見かけない。採用理由が少ないのは価格が高いこと。既製品より造作は手間が掛かり設計も難しいから。

アルミ製のデザインは豊富にラインナップされている反面、断熱性能はかなり悪い。創業時フラグシップの玄関戸もアルミ製でしたが、寒い玄関で結露の問題が起こりそれを解決したく木製に切り替えました。

木製戸とすれば熱伝導率が低く、デザインが思い通りになる。造作にするならば引き戸は個性があるしデザインに飽きがない。気密性を緩和するため室内側に風除室的なホールで熱的緩衝地帯をつくり設計していました。

そして今回の千代の家は造作ではなく既製品木製引き戸としています。これは断熱気密性能をより良く目指せる高性能木製引き戸になります。材料は枠扉とも国産ヒノキ。

玄関戸は妻入り東向きの設計。夏の午前中は強烈な日差しが戸に当たります。直射日光は反り変形と造作戸に相性が悪い。

性能と家の設計を考慮し、お客様の要望を含めて国産ヒノキ高性能木製引き戸が現地に設置されています。これがなかなかいい感じです。

▼白い養生紙部分が扉です
20191223 (24)

▼上吊り式なので開閉がとてもスムーズにできる
20191216 (31)

▼室内側より 横目のヒノキが落ち着いた雰囲気
20191216 (29)
アルミ製以外で検討しているなら、木製玄関引き戸もアリですよ。

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は私の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する