外壁に杉板を使用する場合に押さえておくこと2

外壁に木を使用する=腐る+朽ちるとイメージを持つ方は多い。だから施工性の良い窯業系と金属系サイディングがハウスメーカーや工務店から提案され、お客様は結局選択することになっています。

本当に腐って朽ちてしまうのか?それが20年30年のスパンで言われているのであれば、サイディングを選択しても同じことです。外壁であればどの材料を選択した場合でも10~15年経過すれば何らかのメンテナンスが必要です。

要は塗装とシーリングの劣化によるメンテナンスが発生します。サイディングは塗装が肝心で紫外線や雨水で劣化した塗装膜が薄くなると、基材そのものが痛みはじめます。そうなる前に再塗装をしてサイディングを保護します。

しかし無塗装で張る杉板は、10~15年のメンテナンス時期はゆうに超え20~30年は持つ材料。はじめから塗装がなければ再塗装は不要。部分的に反りや割れのある板はその部分だけ張り替えればOKで、なにより廃棄処分費の負担が少ない。

板のカビや退色が気になるなら、そこでキシラデコール塗装をするといいです。日が経った板は塗料の吸込みが多く含浸が深い。その分耐久性が持つでしょう。

サイディングは再塗装とシーリング再打設のタイミングを逃すと始末が大変。逃した家は廃棄処分費が嵩み、その負担を逃れるため既存壁にアルミサイディングを上張りする工法に至っているかほっかたらしです。

このような理由からメンテ周期を延ばしたい方ほど杉板無塗装を選択すればいいです。ただ注意したいのが張り方。そこを間違えてしまうと杉板であってもすぐに朽ちるでしょう。
20191216 (10)

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は私の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する