縁ありと縁なしの2種類の畳を使い分ける

前回より引き続いて今回もたたみのこと。畳には縁※へりのあるものとないものがあります。縁があるのとないのでは加工方法が異なり一枚の単価も違っています。

畳は4方の小口があって、縁ありは畳表を2ヵ所折り曲げて縫い付けてあり、後の2ヵ所は縁を当てて床と縫ってあります。縁なしは4ヵ所全てが折り曲げて縫ってあるため、加工技術が高く難しい畳です。

また縁あり畳の一枚の寸法は幅90センチ以下、長さ180センチ以下で製作できて、縁なし畳の一枚は幅90センチ以下、長さ90センチ以下の半畳が最大の製作寸法になります。縁なしが半帖畳と言われるのはそこから来ているのでしょう。

縁なしは畳表の目が細かいのが基本。しっかりと床に縫えるように目の細かい目積の表を使います。細かい分光の反射があって市松に敷くと、違う色の表を使っているかのように互い違いに見えて面白いです。

単価は縁あり1枚と、縁なし半帖1枚は同じ。例えば6帖の部屋に敷く場合、縁なしは12枚必要なので縁ありと比較して倍の費用が必要。

縁あり、なしと雰囲気が全く異なるので空間のイメージに合う畳はどちらかを選び、たたみのある暮らしを実現しましょう。

▼縁あり畳を使った小上がりスペース
SORX6450.jpg

▼縁なしの畳をフローリングとフラットにしたリビング
20160928_034.jpg

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は私の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する