外構やって木、植えましょう!

砺波杉木の家は中外ともに工事は大詰め。台風19号の影響から大雨が続いて外構工事は押しに押したスケジュール。そんな中職人たち頑張ってくれています。

外構は車庫土間コンクリートはじめ、アプローチ、植栽と敷地と建物の間をどのように仕上げると普段の暮らしで使いやすくなるか。そして街の風景として社会へ与える影響はどのようになるかを検討して外構計画を立てます。

ただ建物が完成して、じゃあこれから外構計画をしよう!とすると、木を植えたいところに配管が邪魔してダメだとか、自転車置き場スペースがないだとか、そこに屋根が欲しいけど家の窓に被るなど。

大きな敷地は広さがある分色々と余裕があります。建物完成後から検討しても十分計画のやりようがあります。しかし70坪程度の敷地で車2台分を停めて、どのような外構にしようか検討すると描いた設計が実現できないことが良くあります。

計画が後手になった極端な典型例が、道路と家の間の敷地全てコンクリートで覆われてしまう事になっているように感じます。どこに配管がある。木を植えて整えるなど考えなくても良いから。

自分の家だから、街の風景を構成している責任や、社会へ与える影響などどうでも良い。それより手間のかからないことが優先でいい。本当にそれでいいのでしょうか。

程々でもいいです。外構やって木、植えましょう!

▼外構をすれば佇まいがぐっと感じ良くなります
20191012 (1)

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する