古い家のリフォームは雰囲気や佇まいを優先しすぎないこと

中古住宅、空き家のリフォームを設計するときに、既存建物の雰囲気や、建具などの使えるモノを再利用して、佇まいを継承したいと要望があります。

それはカフェや雑貨店、サロンなどで空き家や古い民家をリフォームして、「いい感じ」にデザインされていて、それを自分たちの住まいに当てはめる考えからそのような要望をお聞きしています。

既存建物の魅力そのものや、現在では製作することが難しい建具やガラス。味わい深く変化した無垢の木。フェイク印刷や加工技術では到底真似ることができない、時間とともに変化した何とも言えない良さ。それらを活かしたい気持ちは僕たちも同感します。

ただカフェなど一時を過ごすお店と家は根本的に求められることが違っています。オシャレかっこいい可愛いといった言葉が先に出てきてしまい、最後まで煮詰められずその言葉通りでリフォームしてしまうと危ないです。

住まいのベースは安心安全で快適なこと。それをよそに置いてまでそれを求めてしまうとよくありません。

例えば、窓フレームの見つけ厚みが太い樹脂枠は野暮ったいから、アルミ枠のシュっとした細くてシャープさを採用したい。例えば、屋根裏を現しにして、ダイナミックな小屋組みをデザインに取り入れるから、天井断熱はやらない。

カフェでは成立しても実際に家で採用するとどうなるか。お客様が要望として出されること自体問題でなく、それを採用する設計士にむしろ問題がおお有りです。良く考えて欲しい。

お客様も自分たちの住まいには本当に何が大切なのか。想い返してみてください。

diystudio_201809.jpg
10月のスタジオオープン日程
10/11(金)13(日)14(月・祝)
10/25(金)26(土)27(日)28(月)
各日9:00~/14:00~
※10/12(土)はイベント出店のためお休みします。

◇利用時間と料金
9:00~12:00/14:00~17:00
※12:00~14:00までは昼食とスタジオメンテナンスのために休憩をいただきます。
3時間:2,160円/1日:3,240円(いずれも消費税込)

◇利用方法
お電話またはメールにてご予約ください。ご予約の際に、希望の日時・人数・使いたい工具などお知らせください。
作業台、工具、消耗品(ビス、釘、サンドペーパー、ボンド、マスキングテープなど)は無料で使えます。材料はご自身で用意ください。スタジオ内にある端材は無料で自由にご利用いただけます。

◇ご予約・お問合せ
電話:0763-37-2551
メール:info@flagship-style.jp お問合せフォームからもどうぞ

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する