砺波市 市政バスツアーがヴィンテージハウスに来訪

市内在住の市民が参加する市政バスツアーの「空き家」編で、ヴィンテージハウスR322フラグシップに30名の市民が来訪されました。

日本全国の空き家問題は、富山県砺波市でも同じく社会問題のテーマとしてあります。空き家に問題意識が高く関心がある方。今まさに空き家を所有して活用に困っている方。これから空き家になろうとしている家を所有している空き家予備軍の方。何かきっかけになること、ヒントが見つかればとの思いでこのツアーに参加されていました。

空き家購入から現在に至るまでのヴィンテージハウスのこと。この場所のこれからの将来をご説明した後に建物、土地と見学してもらいました。見学中は皆さんの関心事が高いことの質問を受けて、抱えられている悩み、問題をお聞きすることができました。

空き家になっている。これから空き家になるケースは個人的で家族、親族だけのことでなく、地域と社会が個人の問題へより関わっていく必要があります。ただ個人が所有している家、土地のことだけに、取扱い方はとてもデリケートなこと。

今すぐに行動を起こすことは無理でも、信頼できる相手を見つけて相談する。空き家になった後、なる前にやっておくことの参考事例を知ること。相談相手や事例が増えると、自分たちが所有する、予備軍を含め空き家の次の方向性が見えてくるかも知れません。

その一手になるヴィンテージハウス事例。そして僕たち工務店の役割が何か。ツアーの皆さんを迎えた側として、これからのフラグシップスタイルを改めて考える日になりました。




▼7月のDIYスタジオオープンは以下の日程になります!
7/12(金)13(土)14(日)15(月)9:00~/14:00~
7/26(金)27(土)28(日)29(月)9:00~/14:00~

◇利用時間と料金
9:00~12:00/14:00~17:00
※12:00~14:00までは昼食とスタジオメンテナンスのために休憩をいただきます。
3時間:2,160円/1日:3,240円(いずれも消費税込)

◇利用方法
お電話またはメールにてご予約ください。ご予約の際に、希望の日時・人数・使いたい工具などお知らせください。
作業台、工具、消耗品(ビス、釘、サンドペーパー、ボンド、マスキングテープなど)は無料で使えます。材料はご自身で用意ください。スタジオ内にある端材は無料で自由にご利用いただけます。

◇ご予約・お問合せ
電話:0763-37-2551
メール:info@flagship-style.jp お問合せフォームからもどうぞ

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する