外観デザインを整える

整えられた外観デザインは、落ち着いた佇まいになり、飽きが無く、多くの人に良い印象を与えてくれます。自分の家だから何をしてもいいと考えてしまうと、奇抜な色を選択し、何か変化をつけて装飾品で飾るなど、人と違った個性を外観で主張することになります。

そうなると何でもアリで自分さえ気に入っていればいい。本当にそれで良いか。設計士や工務店から適切な提案が得られないと、家は社会の街並みをつくっていること自体忘れ去られてしまう。そうであってはならないと、僕たちフラグシップは常に考えています。

リフォームでも新築であっても、外観デザインの基本的な考え方は同じ。

外観デザインを決める外装材。雨風を防ぐ外装材は、メンテナンスのことを常に検討しなくてはならない。メンテの側面とコスト。地元の素材。現在の技術等から材料を選択しています。

材料は出来れば1種類か多くて2種類。そして色は3色以内に抑えること。仮に外装材が1種類で1色でも、サッシ、玄関戸、破風軒裏、ポーチ土間、屋根と外装で目に見える色は多い。そこを3色以内に抑えると、引き締まった印象になります。

そして意外と厄介な電線。電柱や外線から家に引き込まれている配線のことです。空中であっても家の正面を横切ってしまうととても残念な外観になります。なるべく隅から入線すると線が目立たなくスッキリとします。

色、材料と数、種類を限定することで、整えらた外観デザインになります。

▼太郎丸の家のビフォア
20170221 (86)

▼アフター 色、材料、配線をまとめて佇まいがぐっと良くなった
SORX6049.jpg


▼5月のDIYスタジオオープンは以下の日程になります!
diystudio_201809.jpg
5/10(金)11(土)12(日)13(月)9:00~/14:00~
5/24(金)25(土)26(日)27(月)9:00~/14:00~
※都合により、5/12はcloseいたします。

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する