イタリア惣菜店に厨房機器が搬入

内装工事が終盤になり厨房機器が続々と搬入されました。

厨房機器はオーナーが厨房業者へ直接発注して手配しています。どのような機器を使うか、予め打合せをして、電気、給排水と必要な設備設計を進めていました。

例えばショーケース、冷蔵庫などは電気容量が大きく、別途申請と時間が必要になります。またシンク排水位置に合わせて排水管を向かわせる。機器の搬入経路と間口を確保して、設置場所までスムーズに持っていくなど、十分な計画が求められました。

厨房機器は中古流通が多く、今回もいくつかは新品でいくつかは中古品になります。中古品は仕様書が確保できれば設備設計ができます。新品と違う点は、電源、給排水接続してからきちんと作動するかどうか。動かないものを業者は販売しませんが、何があるかはわかりません。どきどきです。

空っぽの店内、厨房に機器が搬入設置されると、一気にお店の雰囲気が出ます。既にびっくりするくらい、いい感じが漂っていて落ち着いた空間になっています。厨房機器はステンレスがクールで、住宅キッチンとは全く異なる台所だなと改めて感じました。

幾つか残工事が残っています。それらを終えて食器やテーブルなどお店に入れば、一段と雰囲気が良くなる感じです。オープンまで待ち遠しくなります。

▼厨房機器はとにかく大きく重たい
DSC_0610.jpg
DSC_0616.jpg

▼ショーケースが置かれた。これにひと手間を加えます
DSC_0622.jpg

▼ハンドメイドのアイアンサインが目印
DSC_0621.jpg

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する