屋根付き車庫と外物入れが富山の家には必要

新築費用で後回しにされてしまう車庫工事。誰もが家のほうに予算を取りたい気持ちは良く理解できます。けれど雪や雨の多い富山で屋根なし車庫はありえなく、車庫には予算を掛けられないからアルミカーポートを選択する。

低予算のアルミカーポートでも屋根があるから十分に雨はしのげる。ただ壁がない場合は雨の吹き込みが気になるので、出来れば壁を付けた車庫にしたいです。

アルミカーポートはシルエットが画一的でデザインが無い。車庫は道路側に配置するからアルミカーポートは家の前面になることが多くなります。家の横や裏にあるアルミカーポートなら家のデザインは損なわれないけれど、大体が家の正面になる。

できるなら新築時に車庫と家と外物入れと外構を、トータルでデザインすると佇まいはグッとよくなります。仮にアルミカーポートを使うならば、壁下地をして家と同じ外壁材を張るとデザインがとても良くなります。

またアルミカーポートにないのが物入れ。タイヤ、除雪道具、工具や道具と外物入れに収納するものは意外とあります。スチール既成品を土間に置くと、収納が確保されても折角の新築に似合わないし、扉の前に屋根がないと使いにくいです。

車庫や外物入れの予算を抑えたいが、無くて良い人はいません。配置、予算計画でどうすれば使いやすく且つデザインした車庫と外物入れをつくれるか。検討することは大切なことです。
SORA6924_1.jpg
20160522_069.jpg

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する