水は上水道か井戸水がいいかを検討する

人の暮らしに必要不可欠な水。水は市などが整備する上水道と、井戸水などの地下水を利用する2通りがあります。

上水道は敷地内に既に水道メーターが引き込まれている場合と、前面道路またはその近くの道路に本管はあるが、敷地内には水道管が引き込まれていない場合があります。

既に水道メーターがあれば、行政に加入金を負担して毎月の基本料金と使用量を支払えばいい。敷地内に水道メーターがない場合は、前面道路を掘り本管から枝分けして、宅内側へ水道管を引こみます。これはお客様個人が工事費用を負担します。

井戸水は重機を使って、地下水がある深さまでに孔を掘削します。土地により掘削深度がことなり、深くなれば工事費が嵩みます。地下水まで掘削すれば、適応する水中ポンプを設置して水を押し上げて使えます。

上水道、井戸水とそれぞれどのような特徴があるか。

上水道は安定した水量、品質が常に提供されます。設備などの管理は行政がしていて災害を除き余程のことがなければ問題なく使えます。

井戸水は行政に支払う隔月の基本・使用量はありません。水中ポンプの維持管理更新費を数十年に一度お客様が行うことになります。また地下水は枯れることもあります。近隣に地下水を大量に使う工場が建ったなど。また井戸水は常に15度程度の水温なので、夏は冷たく冬は温かいことは最大のメリットです。

自分の暮らしに合う水の引き方は何が良いか。迷ったらフラグシップに相談してください。

▼井戸水を利用するため、重機を使って地下掘削する
20180412 (12)

▼管内に水中ポンプを挿入している
20181121 (5)

▼挿入する前のポンプ
20181121 (4)

▼地上にある水中ポンプ
20181203 (26)

▼これは上水道。道路を掘削して本管から枝分けして宅内へ水道を引く
20180330 (6)

12月15日・16日 【予約制】完成見学会を開催します!
nabeshima_sss.jpg
日時:2018年12月15日(土)16日(日)①9:00②10:30③12:00④13:30⑤15:00
場所:砺波市鍋島(ジョーシン砺波店そば)

お引渡し前の大切な家をお借りしての見学会につき、【予約制】でご案内します。
お問合せフォームまたはお電話:0763-37-2551にて、ご希望の日時・人数をお知らせください。詳しいご案内をいたします。

フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する