構造性能に優れているには根拠があります

工務店やハウスメーカーに新築工事を依頼すれば、構造についてしっかりと設計してくれる。このようなイメージを持たれるお客様は多い。では構造についてしっかりとした設計とは何か。

フラグシップが提案する構造設計は、構造計算、許容応力度計算を、自分たちが計算ソフトを使って一棟一棟確認することです。

許容応力度計算とは、荷重や外力がどれだけ作用するか、どれだけ耐えられるように屋根や床を支える梁にどの樹種を使い、寸法、長さ、組み方を決めることを指します。梁、柱などの木造軸組みと、その下にある基礎と地盤の設計も同時に行います。

積雪、風圧、地震が家に対してどれくらい作用して、梁や床にかかる応力の状態がどうあるかを計算しています。

意匠設計する設計士と、構造設計をする設計士を分けている工務店、ハウスメーカーは構造設計料として数十万円計上します。構造設計はそれだけ手間と時間のかかる仕事と言えます。

フラグシップでは、構造設計にかかる費用を抑えるため、自分たちの手で計算して家の構造性能を確認するために自社で設計しています。勿論全て上手くできませんが、何が良くて何が不足しているかは、やってみないと分かりません。

構造性能に優れているには根拠があります。ヒノキだから、太いから、大黒柱があるからだけでは不安です。構造についてどのようなスタンスか、お客様自ら工務店、ハウスメーカーに訊ねて確認するといいです。

▼軸組図は設計士が描き、現場に反映されます
20180807 (9)

▼定期的に構造を学び、自らの設計を正して行く


住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する