壁掛けテレビの高さはどれくらいが適当なのか

テレビが薄型になり壁掛けにされるお客様が増えています。

壁内に予め下地を入れて補強して、金具がしっかり固定できるように工事します。闇雲に下地を入れるのではなく、高さ、幅とテレビを設置する良い位置を検討した結果、限定して入れて補強します。

良い位置を検討するのに、高さは特に注意したいところ。またどんな姿勢でテレビを鑑賞するかで設置高さは全く異なります。

床、ソファ、椅子、立ち、そして姿勢。床なら体育座りや寝転んで。ソファで観るなら寝そべるか、ソファを背もたれにして床で観る。椅子で観る場合は短時間程度か。テレビをどのような姿勢で観るかを検討して高さを決めるといいです。

そして設置位置は高くしないことを提案しています。床からテレビ下端高さで、40センチ以下がいい。家具やさんにある素敵なテレビボードに30~35センチ高さが多いのは、低いインテリアは品がいいからだとも僕は考えています。

テレビは見上げると見にくいし、妙な高さに黒い物体が壁にあるインテリアはあまり良い感じがしません。映画館で観るとき後方座席を選ぶでしょう。それは若干見下げて真っ直ぐ見えると見やすいから。

リビングで観るテレビは、床やソファに寝そべる。それならば低くて良い。そしてインテリアの邪魔をしないテレビ高さになる。また今後壁に投影するテレビスタイルが普及すれば、インテリアの柔軟性がもっともっと広がります。
SORX5802.jpg

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する