スタイルに合わせるキッチンの選択

システムキッチンに合わせたプランニングをするか。使い勝手に合わせてキッチンを造作するか。キッチンを設計するときは2つのことを選択してプランニングしています。

キャビネット寸法が大きいキッチンは、スペースを取るためプランを左右する。どういった配置にするかで使い方が全く変わってくるので、しっかりとした使い方のイメージをつける必要があります。

ヴィンテージハウスR322のキッチンは造作のアイランドタイプ。二人以上でキッチンをする想定で、大きなカウンターひとつにIHとシンクを対面式としています。カウンターを囲み、ぐるぐる廻る動線上に使い勝手を考えて冷蔵庫と食器棚をつけた。

ひとりではなく複数でキッチンを楽しむ。そのためにはみんなの顔が見えるといいし、料理や材料をひとつのテーブルに置くと作業性がいい。それには大きなカウンターが欲しい。

そしてデザインは内装にしっくりハマるブラック系が良さそう。と使い勝手と仕上げが固まるとシステムキッチンにはない規格寸法や仕上げから造作でつくることになった。

システムキッチンの規格サイズは配置がはまらず、複数で囲む今回のキッチンテーマが叶えられない経緯がありました。カウンタートップ、面材と仕上げの雰囲気は造作でしか出せないことも採用理由です。

お客様のスタイルに合うキッチンはシステムキッチンか造作か。どちらでも選択できるよう、フラグシップの設計ではいつも準備しています。

▼カウンターをモールテックスのブラックで仕上げる
SORX7260.jpg

▼ブラックでまとめたキッチン。ポットだってブラックです
SORX7250.jpg

9月のDIYスタジオオープン日はこちらです!
http://flagship-style.jp/news/1846.html
7 (金)14:00~
8(土)14:00~
9(日)9:00~/14:00~
10(月)9:00~/14:00~
21(金)9:00~/14:00~
22(土)9:00~/14:00~
23(日)9:00~/14:00~
24(月)9:00~/14:00~
diystudio_201809.jpg

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する