照明の役割

日中はまだまだ暑く、夏が長いと感じる日々ですが、日没が随分と早くなりました。夕暮れに鳴く虫はすっかり秋。夜が徐々に長くなります。

夜の風情は秋や冬がいい。温かな明りが各家に灯ると、見ているこちらも「あの家に電気がついたなぁ。温かな雰囲気がいいね」と外から感じます。最近残念なのが、遮光カーテンを下げてしまっていて、明かりが全く窓から漏れない状態。何か寂しい。

夜が長ければ照明を付ける時間は長くなります。照明についてお客様へ提案をするときの基本は「付け過ぎない」こと。付け過ぎないとご説明すれば「暗くないですか」と質問されます。

明るさが必要なのは、教室や病院と不特定が使う場所。住宅はお客様だけなので、特別なこと以外明るい必要はないです。だって夜は暗いものですから。暗い時間に点ける照明は欲しいところだけに限定する。それが付け過ぎないこと。

それでも、点けてみないとわからない理由から、分散させあちこちに付けてしまうことも。住み始めてみると、結局殆ど付けない。やっぱり限定しておけば良かったこと結構反省しています。

暗いと不安だから、大きな器具を選びあちこちに付けてしまう。やはり基本は「夜は暗いもの」「薄暗い方が心は安らぎ、また風情がある」ことで照明の在り方を考えています。

▼ヴィンテージハウスR322は夜がいい感じ
SOM12562.jpg

9月のDIYスタジオオープン日はこちらです!
http://flagship-style.jp/news/1846.html
7 (金)14:00~
8(土)14:00~
9(日)9:00~/14:00~
10(月)9:00~/14:00~
21(金)9:00~/14:00~
22(土)9:00~/14:00~
23(日)9:00~/14:00~
24(月)9:00~/14:00~
diystudio_201809.jpg

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する