リフォームするなら断熱改修をおススメします

少し前から着々と進めている南砺市のリフォーム工事は、大工工事が中盤に差し掛かっています。

暮らしの快適性を底上げする断熱改修をベースに、間取りを整え、内装仕上げを明るく、段差を解消してストレスを感じさせないリフォームを行います。

断熱改修の基本は高性能サッシに入れ替えて、断熱材を隙間なく充てんすることです。リフォームする範囲を限定して、常にいる場所や寝室、トイレなど予算との兼ね合いからゾーン断熱として快適な空間をつくっています。

既存床は土間コンクリートで、外壁や屋根は解体せずにそのまま活かす。スケルトンに解体しない場合、どのように断熱改修をするかはフラグシップが得意とする施工。これまでの実績から現在の工法が良く、南砺市のリフォームでも採用した断熱改修工法です。

リフォームしたい理由の第一位は「暑さ寒さを解消したい」こと。そのためには「高性能サッシに入れ替えて、断熱材を隙間なく充てんすること」ですが、いざ打合せに入り、要望をまとめると、間取り優先、設備更新や外壁補修などに予算をかけ断熱改修の予算は余った分でとなってしまう。

暑い寒いは個人の感覚や、実際住んでみないと分からない部分は多いです。しかし結露やカビ、霜焼け、空調の効きからの消費電力の差等は、住んでからじわじわと実感することに。

リフォームするならば是非断熱改修をおススメします!と設計段階からキチンとその重要性を説明できるように、僕たちは常に提案しています。

▼奥の無断熱部屋とを境にしたゾーン断熱
20180830 (15)

▼2階に部屋はあるが、1階天井で区切ったゾーン断熱とした
20180830 (2)

▼土間コンクリートには置床をつくり、根太間にPSFを充てん
20180803 (6)

▼窓は樹脂Low-eペアガラスに入れ替える
20180830 (1)

住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する