どんな暮らしがしたいかを考えて家をつくる

新築やリフォーム工事をすることは、現在の暮らしから何かしらを向上させたい。今抱えている問題を解決させたいから行う。または家を使って暮らしを楽しみたいなど。どんなことであれ、建てる、リフォームするには理由があって行われるものです。

その理由で、結婚をした。子どもが生まれたから。子が独立し夫婦だけになった。と家族構成の変化を第一の理由で建てる、リフォームすることは本当の理由ではありません。

例えば、二人目の子が生まれてアパート暮らしが手狭になったから新築をしたい。何となく良く聞こえてくる建てる理由の一つですが、実際はその時におかれている状況を言っているだけになります。

新築やリフォームをすることはその先にある、この家でこれから行われる「暮らし」をきちんと見て、じっくり考えること。

そのためには今の暮らしがどうあるかを、自分自身で分析することから始まります。今まで行われてきた暮らし方を見つめ直すことは、これからの暮らしをどのようにしたいかを考えるヒントになる。

特に第一取得層は、子どもが小さいうちは今の暮らしが忙しく、どうしても「現在の暮らし」を基準に考えてしまいがちです。その気持ちは良く分かります。例えばランドセルの置き場、子どもが帰って直ぐに手洗いできる洗面等。しかし子が高校~大学となったときはどうなっていますか?

子は家がどのような状況であれ育ちます。やはり夫婦二人が家を使って家族の暮らしを、どうしたいか。それを実現しするために新築する、リフォームするものです。

▼ヴィンテージハウスのデッキから花火を楽しむ


住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する