庭木に散布したい薬剤

暑くなると同時に増えるのが虫の発生。人、作物、庭木に被害を及ぼす害虫の発生は出来れば避けたい。害虫は発生する前に防除を行うことである程度防げます。

防除の基本は農薬散布です。人に影響のない農薬は多く出ていて、ホームセンターやネットで誰でも購入できて種類は豊富。

外構で庭木を植栽することを提案していますが、点検に伺った際に樹々を見ると害虫被害に遭っているケースがたまにあります。その場合は植木屋さんと相談して、発生している害虫の種類や木の状態からどんな処置が良いかを検討しています。

これから発生すると想定できる害虫に散布するといい農薬、殺虫剤がトレボン乳剤。公園や庭園などの防除として使用されているもので、実績あるメジャーな薬剤になります。アメシロ、チャドクガ、ケムシと庭木にとって大きなダメージを与える害虫に効果がある。

ヴィンテージハウスでも梅雨明け前の晴れた日にトレボンを使った防除を行う予定にしています。これまでは、時期と効かせたい害虫に合わせてゴールデンウィーク前後と、6月の第一週にスミチオン乳剤を散布してきました。

昨年はイラガが大量発生してしまい始末が大変でした。今年は少しでも発生を防いで、来ていただくお客様に不快な思いをされないようしたい。

トレボン乳剤 http://www.greenjapan.co.jp/torebon_n.htm
▼5月に行っていた防除


住所 〒939-1431 富山県砺波市頼成322
電話 0763-37-2551(不在の場合は僕の携帯へ転送されます)
ファックス 0763-37-2552
メール tachibana@flagship-style.jp


フラグシップのホームページ
フラグシップへのお問い合わせ

6月無料相談会開催
http://flagship-style.jp/news/1797.htmlDSC_6723.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する